防水工事施工の流れ

業者の方に防水工事を実施してもらう場合は、工事に立ち会って状態をきちんと確認しておく必要があります。こうしておけば排水口に詰まりや水漏れが発生した原因を確認したり、業者からトラブル対策を学んだりすることが可能です。

排水トラップを外して部品を分解する

排水トラップ部分に食器を洗った際の油が溜まると、油は変質し、酸性のヘドロへと変化します。そのため厨房で防水工事を行なう際は、まず排水口を取り外し、排水トラップを各部品ごとに分解して清掃を行なうのが一般的です。それぞれの部品を丁寧に清掃することで、付着していたヘドロなどの汚れをきれいに取り除き、排水口の流れを改善します。

排水口の内側を綺麗にする

厨房の流し台から下の場所は、手で直接触れて清掃を行なうことができません。そのため排水管の清掃を行なう際は、ワイヤーや洗浄機を使って作業を進めます。場合によっては薬品を使いながら作業を行なうこともありますが、通常はこういった設備だけを利用して清掃を行なうことが多いです。

防水工事はプロに任せることが大切

業者に防水工事を施してもらう際は、高い施工技術を持った業者に工事を依頼することがとても重要になってきます。技術力の低い業者に工事を依頼すると、施工後に水漏れや詰まりなどのトラブルが再発してしまい修理に多くの時間と費用を費やさなければいけません。場合によっては、施工が原因でトラブルの悪化を招くこともあるので、防水工事を依頼する際は業者の情報をきちんとチェックしておきましょう。特に施工実績や信頼性はとても大切なポイントです。

TOPボタン